Y bag



新作 Y bagの紹介



革はバッグシリーズで使用しているシュリンクレザーを使っています。

(革を伸縮させシボ加工を施したもの)


機械で革にプレスし,シボ加工に見せる型押しとは違い、

伸縮させる事で革が縮むので肉厚で柔らかな革に仕上がります。 


またオイルの入れ込みも程よく

軽く、上品な艶があり、しなやかな革です。


革に含まれるオイルは、入り過ぎると重く、艶が出過ぎてしまいます。

逆に少な過ぎると、軽量化になるのですが、カサカサとした印象になり

しなやかさが無くなってしまいます。



Y bagは、柔らかい革ならではの丸いフォルムに、サイドのくびれからの曲線。

シンプルですが、ラインの美しさ、モノの力強さ。

両面を感じられる、長く寄り添えるバッグです。














ハンドル、ショルダー付けパーツ、ファスナーの開閉をし易くするパーツ、

には、厚口のタンニン革を使用しています。


ハンドル、ファスナーパーツは2枚合わせになっており

角を取り、磨きあげ、持ちやすく頑丈な作りになっています。



タンニン革はオイルを含み、手に馴染み経年変化をします。


金具は真鍮製で、品があり重厚感もあります。

ファスナーはYKKで最上位ランクのエクセラを使っています。

このファスナーはエレメントが一つ一つ研磨され、とても美しく

更に頑丈に作られたモデルです。






バッグの開閉はファスナーとワンタッチで締める事のできるマグネットがあります。

しっかり閉めておきたい時、すぐ取り出したい時など、臨機応変に使用できます。


裏地にはスウェードのような起毛した触り心地の良い裏地を使い

内ポケットが前後2つ、革で上部を巻く事で強度を上げています。

背面は真ん中で仕切りをつけています。




底はY bagの特徴であるフォルムを生むため、重なり合う3点を中心で摘む事で

より立体的になっています。


最も時間をかけデザイン、パターンを仕上げた部分になります。


また真鍮の底鋲を打ち、擦れや濡れの軽減になっています。






女性イメージ (ショルダーの長さも調整可能です)






男性イメージ            ※サイズなどの詳細は商品ページに掲載致します。










次回はchubby bagを紹介出来ればと思っています。












                                  mnoi


























307回の閲覧